福岡市西区拾六町の動物病院 16動物病院

おすすめのトレーニング

2024.02.10

みなさん、こんにちは(^^♪
愛玩動物看護師の野元です。

皆さんもう今年梅の花ご覧になりましたか?
私は、1月に梅の花が咲いているのを見たときにビックリして二度見してしまいました💦
調べてみたらいつもより20日ほど早く開花宣言されていたのですね。
桜開花も今年は早いとのこと。まだ寒いけれど春はもうすぐそこです🌸

さて、飼い主さん達とお話していると「トレーニング(しつけ)」の話題で盛り上がることが多いです。
そこで皆さんにお伝えしてとても好評なおすすめのトレーニングを1つご紹介します(^O^)
トイレトレーニングの1つなのですが、掛け声でトイレに行くように促すトレーニングです。
お出かけ前、尿検査の為の採尿時、我慢させすぎないようにしたい時など様々な場面で役立ちます。

まずは促すための合図になる言葉を決めます。我が家ではワンツーワンツーにしています。
(おしっこおしっこだと、ちょっと困る場面が出てくることもあるかな?と思いまして・・)
次に、いつも通り愛犬がトイレに行っておしっこをしている時に「ワンツーワンツー」と
終わるまで声がけします。トイレ終わったらしっかり褒めてあげたり、ご褒美をあげます。

根気よく続けると、ワンツーワンツーしてきて!と伝えると自らトイレに行ってくれるようになります。
子犬の時からのトレーニングのほうが覚えるのは早いですが、
成犬になってからでも時間はかかりますがトレーニング可能です。

震災などで避難所生活になってしまったりした時など我慢してしまう子も多いです。
覚えておくと少しでも役立つトレーニングかと思います。

ぜひ日頃のトレーニングに取り入れてみてくださいね。

体型維持

2024.01.30

みなさんこんにちは。

愛玩動物看護師の松原です⛄

まだまだ寒く冬真っ只中ですが、先日テレビで桜の開花予想が流れてきて
少しずつ春が近づいてきているのを感じました!
暖かい春、今から待ち遠しいです🌸

さて、最近我が家の猫の食欲がすさまじく、肥満が心配になっている私ですが、
皆さんのおうちの子はどうでしょうか。
体を触って肋骨が触りずらい、上から見て腰にくびれがない、
横から見てお腹がたるんでいる子は特に要注意です。

ぽっちゃりした子は可愛い!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
肥満は万病のもとと言われるように体に負担をかけ、病気や手術時のリスクなどを
引き起こす危険なものです。

太ってしまう原因として食事や加齢、避妊・去勢、病気など多くあります。
その中で1番多いのはごはんやおやつの食べ過ぎによるカロリー過多です。
そのために普段の食事の見直しがとても大切です。
ダイエットといえば運動が思い浮かぶかもしれませんが、
肥満の子が運動すると関節に負担がかかってしまうため、
運動はある程度減量してきたころから、少しずつ取り入れましょう🐕

《食事の見直し》
基準量通りなのに肥満=その子にとって1日の摂取カロリーが多すぎるということになります。

〇ごはんの量を減らす
→➀1日の摂取カロリーを10%くらい減らす
➁体重の減りが落ち着いてきたらまた少しずつ減らす。

〇おやつを減らす、無くす
(おやつをあげたい場合は1日のフードからおやつ分を分け、それをあげるなども〇)、
〇早食い防止のお皿に変える、
〇1日2回の食事回数を3,4回に増やす(1日のフード量は一緒)

またダイエット用の低カロリーフードやおやつ、
代謝をあげて痩せやすくするサプリメントなどもあります。
フードに関しては、サンプルがいくつか待合室に置いてありますので
よろしければお試しください(o^―^o)/🍚

ごはんやおやつをおねだりするわんちゃんねこちゃんの姿はとーっても可愛く、
ついつい何かあげたくなってしまいますが、ぐっとこらえて普通体型維持を目指しましょう✨
私も頑張ります!!

老犬との日々

2024.01.11

みなさん、こんにちは(^^♪
愛玩動物看護師の野元です。

今日は11日!鏡開きですね🎍
お正月に飾っていた鏡餅を下ろして、無病息災を願って食べる日だそうです。
我が家でもお餅を食べれない愛犬愛猫の分まで、一年の無病息災を願いつつ
今夜美味しく食べる予定です(^o^)

さて、そんな私の愛犬の1匹は17歳。あと数ヶ月で18歳になるおばあちゃんです。
だいぶ目が見えづらく、耳も遠くなり、寝ている時間が多くなっていますが
毎日穏やかに過ごしています🐶

最近では痴呆の症状も出てきていて、夜中に徘徊したり寝ている間におもらしをしてしまったり
夜鳴きをしてしまったりすることもしばしば。
様々な介護グッズを使って愛犬が快適に過ごせるように色々と試行錯誤を繰り返す日々です。

そんな介護生活ですが、昔に比べてたくさん便利な介護グッズが出ているので本当に助かります。
その中から私が使っている介護グッズを1つご紹介です!
オムツをして歩き回るとオムツが脱げたり、ズレてきたりして歩きにくそうにしていたのですが、この介護服を着せてあげると脱げたりズレたりしにくく、ウンチは外に排泄できるタイプなので愛犬も快適そうです。乾きやすく消臭機能付きだそうです。柄はボーダーのみですがレッドとネイビーがあります。
背中側にマジックテープがついているので着脱がしやすいです。

 

老犬との日々は、楽しい事・嬉しい事ばかりだけではありません(-_-;)
夜中毎日何回も起きて介護をし、夜鳴き、徘徊、食事の介助や投薬など大変なことも多いです。
ですが、ふとした瞬間の仕草一つ一つが可愛くて愛おしくなる気持ちがあふれる日々でもあります。
愛犬が最後の時を迎えるその日まで、私自身も悔いなく、少しでも快適で幸せな老犬ライフを過ごしてくれて、少しでも長く一緒に過ごせたらいいなと思う毎日です(*’ω’*)

1月の診察時間変更のお知らせ

2024.01.05

1月11日(木)は、午後の診察時間が17時30分までとなります。
午前は通常診療です。

上記以外にも臨時の会議などが入る場合もあります。
診察日や診察時間についてはお電話にてお気軽にお尋ねください。
ご不便をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

その他のおすすめ記事

年月一覧

アニマル数字2

採用情報
診療時間・内容

・診察時間

休診:日・祝
午前 09:00~12:00
午後 15:00~19:00
※土曜午後は17:00まで
※駐車場10台
※クレジットカード支払い可
※アニコム損害保険 対応可
※アイペット損害保険 対応可

・所在地

福岡市西区
拾六町5-3-6
Tel. 092-895-6500
ACCESS

・診療対象

犬・猫
ウサギ・ハムスター

16ストア

6 6

5 雲

backbround image