福岡市西区拾六町の動物病院 16動物病院

クレートやキャリーバッグ嫌がってませんか?

2019.10.24

みなさん、こんにちは
動物看護師の赤崎です。

今年は台風が多く発生したり、様々な災害が起きていますね。
もしペットと避難することになった場合、対策をしていますか?

ペットと避難する場合、必要となるのがクレートやキャリーバッグです。
人や他の犬に吠えたりしないよう、しつけも大切です。

みなさんのわんちゃんやねこちゃんは、
クレートやキャリーバッグに嫌がらずに入ってくれますか?
スムーズに入れるようにしておくと、
おでかけや病院、災害の時などに慌てることなく連れて行くことができます。

日頃から、クレートの扉を外した状態で置いておいたり、
毛布などを敷いていつでも中に入れるようにしておくと、お昼寝の場所にもなります。
ねこちゃんなど、警戒してまったく近づかない子は、
クレートの中でごはんを食べさせるようにすると、少しずつ慣れてくれますよ(^^)

クレートやキャリーバッグの中が安心できる場所だと覚えてくれると、
お家代わりになるので外出先でも快適に過ごしてくれるようになります。

冷え込むようになってきたのでホクホクしている七菜ちゃんです♡

その他のおすすめ記事

年月一覧

アニマル数字2

診療時間・内容

・診察時間

休診:日・祝
午前 09:00~12:00
午後 15:00~19:00
※土曜午後は17:00まで
※駐車場10台
※クレジットカード支払い可
※アニコム損害保険 対応可

・所在地

福岡市西区
拾六町5-3-6
Tel. 092-895-6500
ACCESS

・診療対象

犬・猫
ウサギ・ハムスター

16ストア

6 6

5 雲

backbround image